トップページ

信用情報機関について

近年、信用情報機関の統廃合などが相次ぎ、過去の信用情報の統合などの際に、登録の間違いなどで実際と異なる情報が登録されていることも多々あるようです!


例えば住宅ローンなどを組もうとしたときも、金融機関にローン申し込みを行います。
しかし、金融機関は信用情報機関の取引履歴を参照するため、信用情報期間に誤った情報が掲載された場合はローン審査に落ちる可能性もあります。


特に最近ではスマートフォンなどが普及し携帯電話機種本体も価格が高くなってます。
そのため、分割と称するプランでの購入される人が多くなっていますが、実態は分割ではなく、利用料金と合わせたクレジット購入となっています。
そのため、料金を延滞するとクレジットの支払いが延滞されたのと同じことになりますので、結果的に信用情報にも載ってしまう可能性があります。


心当たりがない審査落ちで困る前に


審査で困る前に自分の登録してある信用情報を把握しましょう!

仮に間違いと思われる情報がある場合には、間違いを指摘し調査の上、間違いであることが明らかになると、修正されます。


情報参照履歴について


信用情報機関を参照すると参照履歴というものがつきます。
通常は参照履歴が多ければ複数の金融機関が参照したという解釈になり悪評価になりやすいです。

しかし個人での参照、または個人に依頼されての代理での参照となると個人参照であることが分かり評価に影響することはないと言われています。





























  • 最終更新:2014-10-06 17:24:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード